東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ ふじみ食堂(ニラレバー炒め定食)

写真

◆シャキッと新鮮な歯応え

 クルマの通りが激しい4車線の新奥多摩街道沿いに、駐車場もある「ロードサイド型」の食堂だ。JR立川駅から多摩モノレールに乗り換え一つ目、柴崎体育館駅に降りた。クルマと関連商品のショップや小さな工場や倉庫などが雑然と交じる郊外の景色の街道を20分近く歩いた。

 ゆるやかな起伏の多摩丘陵、やがて大きなマンションや団地やスーパーが集まる「町」の景色が出現した。そこに、ふじみ食堂はあった。家を出てから2時間少々、以前から立川の知人にすすめられていたのだが、ついにやってきた。

 暖簾(のれん)に創業50年とあるが、それから何年かたっていそうだ。明るい爽やかな店内。中華と洋食と丼物などを中心に、日替わり定食850円のほかは、250円増しで定食になる仕組みだ。

 歩いたし帰りも歩くからスタミナがつくものをと、ニラレバー炒め600円を定食でお願いした。厚めに切ったレバーと野菜がシャキッとした新鮮な歯応え、うまい。どんどん食える。麺類も食べてみたくなったが、また行くには遠すぎるのが残念だ。

(大衆食堂の詩人 遠藤哲夫)

 ◇東京都立川市富士見町7の37の22 営業時間 10時〜14時半、16〜20時、水曜・日曜祝日休み。チャーハンやチキンライスなどとミニラーメンのセット800円、カレーライス550円、中華丼600円、かつ丼750円など。ラーメン450円から麺類各種、餃子450円から中華メニュー豊富

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報