東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

キッチンカー 屋台のランチ Banyan58(タコライス)

◆沖縄名物に辛味&うま味

写真

 パステル調の白と水色のツートンカラーがかわいい車。「Banyan58」は、沖縄名物タコライスのキッチンカー。沖縄県宮古島出身の店主・眞喜屋(まきや)良多さん(40)が作る、本場のタコライス(750円)が人気だ。金曜日に出店する乃木坂では、特別に、大豆ミートを使ったビーガン(完全菜食主義者)向け=写真(左)=を提供している。

 18歳で島を出てから、運送業を経て、料理の道を志し、福岡県の和食店に勤務。北海道が好きで、旅をしながら料理修業もし、四国のリゾートホテルで海鮮炭火焼き店のシェフを務めたのち、独立。昨年10月に開業した。

 タコライスは、サルサソースにハラペーニョ(青唐辛子)を入れているので、ミートは甘めに味付け。辛さを求める客には、自家製の「魚粉の辛味スパイス」(エビ、コリアンダー、黒コショウなど14種ブレンド)を用意している。辛味だけでなく、うま味も加えたのは、料理人としてのこだわり。日替わりで添える副菜に和を取り入れるのもこだわりの一つ。取材日は「冬瓜(とうがん)の人参(にんじん)あんかけ」だった。ソースも「クリーミーナッツ」や「チーズバジル」など5種用意。客が好みでカスタマイズができる、ひと工夫がうれしいタコライスだ。 (さりあ)

◆出没先は 

 乃木坂、神田、半蔵門、品川駅港南口側など。インスタグラム等で情報発信中。(電)090・2083・0709

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報