東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ カレー専門店クラウンエース 上野店(カツカレー)

写真

◆三拍子の一皿に「上野愛」

 1970年代から上野駅中央口の前すぐJRの高架下にあって、「安い、早い、旨い」で人気のカレー専門店だ。先日、フェイスブックで上野駅周辺が話題になったとき、四国の友達が「進学で上京した83年頃、財布にやさしいカレー屋さんに行ってました」とコメントした。

 ここのことではないかと思い、外観の写真をアップしたら、「涙が出るほど懐かしい」と。財布がさみしく心細い上京者に優しい食堂や街は、いつまでも記憶に残る。近年、上野は様変わりしているが、路地にはあいかわらず気安い小規模店が雑居しひしめいているし、この店もレトロな佇(たたず)まいのまま健在、マイルドなカレーの味わいも続いている。

 この夏、店内は改装し立ち食いコーナーが出現、セルフサービスになった。券売機でカツカレーの食券を買い、窓口に出すと秒速でカレーが出てきた。福神漬けやらっきょうは好きなだけ取る。壁に向かって座ると、昔の上野駅の写真が何枚かはってあった。「上野愛」を感じながらのカレーの味もまた格別。上野店は本店で、ほかに茗荷谷店があるようだ。

 (大衆食堂の詩人 遠藤哲夫)

写真

 ◇東京都台東区上野6の12の11。営業時間10時30分〜19時。水曜休み。カツカレー500円、ポークカレー400円、大盛りポークカレー500円、チキンカレー400円、ビーフカレー450円、ハンバーグカレー500円、から揚げカレー500円など

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報