東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ 自由軒(オムライス)

写真

◆しっかりした味わい

 北区のJR赤羽駅南改札すぐ前に昔からある洋食と中華の食堂だ。赤羽は近年「住みやすい街」や「飲ん兵衛の聖地」として人気のようだし、にぎわっている。かつては周囲に工場も多く労働者の街であり、働く人たちの生活を安くうまく支える飲食店が人気を集めてきたのだが、自由軒もその一軒。何度か利用しているが、いつも満足、また足が向く。

 昔の地味な佇(たたず)まいのままの入り口に「本日のおすすめ」のサインボード。生姜(しょうが)焼定食¥700、オムライス¥720、タンメン¥600。正月らしい彩りのオムライスにするかと思いながら入る。常連さんが描いたという額装のない絵がたくさん、カレンダーが数点も、壁を埋めている。その光景は、地域の人たちの「たまり場」「休憩所」といった感じで、妙にくつろぐ。このように地元に生きる姿そのままの食堂は、本当に少なくなった。

 オムライスは、まずいはずはない。姿も美しく、しっかりした味わい。食べていくと中華の文様が入った白い器の底に「自由軒」の赤い文字が鮮やかに、誇らしげだった。

 (大衆食堂の詩人 遠藤哲夫)

 ◇東京都北区赤羽南1の6の4。営業時間 月曜16〜21時、火〜日曜10時〜14時半、16〜21時、無休。焼魚定食600円、ハンバーグ定食570円など定食各種。チャーハン620円、カツカレーライス750円ほか、ラーメン470円から麺類や一品料理などメニュー豊富

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報