東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 限定 要チェック! > 記事

ここから本文

【限定 要チェック!】

野菜のおいしさ収穫 JAやさい体験(新宿高島屋)

野菜がなっている様子を見るのも初体験の子供に収穫体験は大人気(昨年の様子)=JA全中提供

写真

 「野菜を食べなきゃ!」と、思ってはいても、気がつくと不足気味…。案外、野菜のことを知らないのが原因では?

 全国農業協同組合中央会(JA全中)では、8月31日の「やさいの日」を記念して「知って食べればもっと好きになる!JAやさい体験!」と題した企画を、ウェブも含めた5会場で実施。メインとなる“野菜に親しむことができる無料の体験イベント”は、28日と31日に新宿高島屋で開催する。

 まずは会場入口近くに設置する「『ベジチェック』体験コーナー」で、自分が野菜不足かどうか知ってから巡るのがオススメ。「ベジチェック」はカゴメがドイツの会社と共同開発した野菜摂取の充足度を表示できる最新機器。手のひらをセンサーに当て、皮膚のカロテノイド(色素)量を測定することでわかるとか。28日は管理栄養士も待機しているので、野菜摂取方法のアドバイスも受けられる。

 ほかは、キュウリやトウモロコシ、枝豆などを摘み取れる「野菜収穫体験ステージ」、花束のように「野菜で作る『ベジフルブーケ』コーナー」、捨ててしまう部分も無駄にしない「切れ端野菜でスタンプトートバッグ作り」など親子で楽しめる企画が中心。ステージでは「同じトマトでも水に浮くのと沈むのがあるのはなぜ?」などのクイズや実験も行い、野菜を多角的に学ばせてくれる。

 28日限定で「林修先生の“野菜の特別授業”」(11時と13時の2回)が、31日には「よい食ぬり絵本」のワークショップも開く。

 収穫体験とベジフルブーケの野菜はもらえるので、帰ったらしっかり食べましょう。 (村手久枝)

◇新宿高島屋:渋谷区千駄ケ谷5の24の2。28日は1階JR口のイベント会場で10時〜17時半、31日は2階JR口のイベント会場で10〜19時に開催。各体験企画は混雑により整理券配布予定。問い合わせは(電)03・3770・0091事務局

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報