東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 限定 要チェック! > 記事

ここから本文

【限定 要チェック!】

「かっぱ」の秘密 迫ろう カルビー清原工場(宇都宮市)

社員製作の「フルグラができるまで」の立体パネルでも解説する

写真

 「やめられない、とまらない」でおなじみの「かっぱえびせん」と、ドライフルーツをミックスしたグラノーラ「フルグラ」を製造しているのは、宇都宮市にあるカルビー清原工場。全国にカルビーの工場は14カ所ある中で、見学を受け入れている2カ所のうちの1つ(もう1カ所は北海道工場)。2020年分の見学申し込みを、来月2日からスタートする。

 毎年、翌年1年分の受け付けを12月に開始するが、春休みや夏休み期間中の日程については、1日で埋まっていた。そこで今年は12月2日9時〜4日15時に限り、先着順ではなく、応募多数日の受け付けは抽選で決めることに。少しはチャンスが広がったといえる。

 見学は約2時間。会社説明、映像による製造過程の解説。かっぱえびせん・フルグラの製造ライン見学、試食、質問タイム、おみやげ配布といった流れ。かっぱえびせんの見学通路ではほんのりエビの香りが、フルグラでは全身が甘〜い香りに包まれる。五感を刺激されるのは工場見学の醍醐味(だいごみ)だ。

 試食はどちらもでき、フルグラについては、すり下ろしリンゴやヨーグルトなどのトッピング提案もあり。終わりにはカルビーのスナック菓子を小袋で3〜4種類詰め合わせたお土産がもらえる。

 社名の由来や、なぜ「かっぱ」なのかなど、クイズになりそうな話も教えてくれる。帰りがけには工場外壁にも注目。ロープで壁を上ろうとしている「カルビーおじさん」(人形)がいる。困難を乗り越えようとしている熱いおじさんだそうなので、その逸話も忘れずに聞いておこう。 (村手久枝)

焙煎(ばいせん)前後のかっぱえびせん生地。触って比べられる=いずれも宇都宮市で

写真

◇宇都宮市清原工業団地23の7。見学申し込みはメール申し込みフォームかファクスで。実施日は祝日をのぞく月〜木曜日。2〜45人のグループ、小学生以上対象。詳細は公式サイトで。問い合わせは(電)028・346・7070。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報