東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

健康遊具のある公園(下)

 前回に続き、都内4市区の健康遊具を紹介する。どの遊具も適度な運動を促してくれるもので、年齢を問わず、自分のペースで少しずつ挑戦できる。散策が気持ちいい季節。日頃の運動不足解消や生活習慣病予防に、外で体を動かしてみよう。

◆浜町「健康こみち」 靴脱ぎ足ツボ刺激

写真

■中央区

 区内の26の公園に健康遊具を設置。腕の力を鍛える「ぶらさがり」など全体で14種がある。公式HPに「健康器具マップ」が掲載されているので便利だ。

 区内最大の面積を誇る「浜町公園」(日本橋浜町2の59の1)には、靴を脱いで歩くことで足ツボを刺激できる「健康こみち」=写真=など4種がある。園内にはトレーニングルームがある総合スポーツセンターがあるので、あわせて利用しても。

 水とみどりの課(電)03・3546・5435

◆充実「夏の雲公園」 園路に沿って10種

写真

■練馬区

 円盤の上に手をのせて回すことで、肩の運動になる「太極拳−雲手」や、腰掛けて手すりで上半身を支え、左右にゆっくり腰を振って使う「ストレッチスツール」など区内に83カ所。

 特に充実している「夏の雲公園」(光が丘3の4の1)には10種。園路に配置しているので、散歩をしながら体をほぐせる。「向三谷(むこうさんや)公園」(下石神井1の3の39)には、足腰を鍛える「ジャンプリターン」=写真=など6種がある。

 道路公園課管理係(電)03・5984・1343

◆遊具の使用方法をQRコードで確認

写真

■西東京市

 市内にある公園に10カ所以上。特に充実している「ひばりが丘さくらの道公園」(ひばりが丘3丁目2番)には、腰の高さのサークル状のバーに手を添えて腰をひねる「ひねり」=写真=など、8種の遊具がある。それぞれQRコード付きで、スマートフォンなどで使い方を確認できる。

 年に数回、市内各所のウオーキングを楽しむ「みどりの散策路めぐり」(当日受け付け、無料)もあり、回により遊具の説明もある。

 みどり公園課(電)042・438・4045

◆「腹筋ベンチ」など 市内21カ所に設置

写真

■調布市

 市内21カ所に「腹筋ベンチ」などの健康遊具を設置。「高速第6児童遊園」(上石原1の22の3)には、木製のうんていや腹筋ベンチ、平均台=写真=など10種の遊具が充実。公園の外周に園路が設けられているので、ウオーキングしながら運動を楽しめる。

 多摩川河川敷の周辺の「多摩川市民広場」(染地2の51の1)にはぶら下がり運動ができるものなど4種があり、ランニングがてら利用するのもおすすめだ。

 環境部 緑と公園課(電)042・481・7081

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報