東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

ウコン桜

 黄色い色味が特徴のウコン桜をご存じだろうか。盛りを過ぎると赤みを帯び、上品な色合いであることから別名「美人桜」とも呼ばれる希少な品種だ。見頃はソメイヨシノと比べて少し遅い4月中下旬。ちょっと珍しい桜の美しさを楽しんでみては。

◆東京タワーとのコラボ楽しんで

写真

■東京プリンスホテル■

 枝垂れ桜や河津桜など8種の桜があり、東京タワーとのコラボレーションが楽しめる。ウコン桜はホテルのエントランス付近にあり、そろそろ見頃。同じタイミングに咲くサトザクラと一緒に観賞できそうだ。

 14日まで、館内のレストランなどで桜を眺めながら限定メニューを味わえる「桜まつり2019」を開催中。桜の名所として知られる増上寺や芝公園を散策した後、ホテルでゆっくり食事を楽しむのもおすすめだ。

 港区芝公園3の3の1。(電)03・3432・1111

◆「花の森」に2本 雲海との競演も

写真

■美の山公園■

 標高581.5mの蓑山(みのやま)山頂を整備した41haの自然公園。ソメイヨシノやヤマザクラなど約70種8000本の桜が見られる。ウコン桜は園内奥の「花の森」というエリアに2本あり、樹齢40〜50年ほど。下旬に見頃の見込みだ。同じこの時季に見頃を迎えるカンザンやギョイコウなどもあり、華やかな雰囲気を楽しめる。

 雨が降った翌日の晴れた早朝には雲海が見られることもあり、運が良ければ桜との競演も観賞できる。

 埼玉県秩父市黒谷2372。(電)0494・23・1511

◆昭和中期に植栽 苑内に8本点在

写真

■新宿御苑(ぎょえん)■

 広大な苑内に約65種1000本の桜がある。ウコン桜は2012年に同苑で桜の人気ランキングを調査した際に4位になった。昭和中期に植栽された8本が点在し、大温室前の丸花壇の横や、桜園地などで見ることができる。まもなく見頃を迎え、同時期に花を咲かせるイチヨウやフゲンゾウなどの桜とともに観賞できる。夜は八重桜のライトアップ(14〜20日、19時〜)も。開園時間は9〜18時(入園は30分前まで)入園料500円。

 新宿区内藤町11。(電)03・3350・0151

◆チャペル近くに3年前植え替え

写真

■ホテル日航成田■

 1978年の開業時、「ホテルを桜の名所に」との思いから約100本を植栽。ソメイヨシノや八重桜など10種が時期をずらしながら敷地を彩る。ウコン桜はチャペル近くに1本。以前の木が病気になり、3年前植え替えたばかりでまだ小ぶりだが、十分につぼみを蓄えそろそろ見頃を迎える。

 カフェなどで今月末日まで桜関連のメニューを展開。テークアウトOKの「さくらクリームラテ」(600円〜)を片手に散策も。

 千葉県成田市取香500。(電)0476・32・0032

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報