東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

ひとりで楽しむ「ソロキャンプ」

 カラオケや焼き肉などをひとりで楽しむ“ソロ活”。アウトドアにもその波が来ている。そこで、ソロキャンプ用エリアを設ける4カ所を紹介。ひとりで気軽に出かけてみては。料金は大人1泊1区画(ひとり分スペース)平日利用の最低料金を表記。

◆季節の収穫体験や採れたて野菜販売

写真

■有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場(千葉県)

 緑豊かな森と農園に囲まれた場所。ソロサイトは5区画。直火(じかび)でたき火ができ、必要以上に手を加えないワイルドな雰囲気だ。大人数用のエリアから離れ、夜になれば、静かに星空を眺めて過ごせる。ペット連れ(550円)もOKだ。

 季節の収穫体験を毎日開催し、採れたて野菜の販売がある。購入して夕食の材料にするのもおすすめ。敷地内には新鮮野菜にこだわったレストランもある。

 2600円〜。山武市板中新田224。(電)0475・89・1719

◆敷地内にカフェや食材セットも豊富

写真

■北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

 初心者でも利用しやすい充実した施設が特徴だ。敷地は約3万坪と広く、ソロサイトは5区画。ペット連れ(600円〜)可。テントをはじめ、調理器具のレンタル用品や、ピザなどの食材セット」(要予約)も。

 敷地内にはカフェや、薪で焚いた湯につかる貸し切り風呂(45分1200円〜)も。季節のイベントがあり、5〜6月中旬には渓流釣りも(7560円・要予約)。

 1000円〜。長野原町北軽井沢1990の579。(電)0279・84・2512

◆無人駅を降りれば敷地内に男鹿の湯

写真

■みよりふるさと体験村(栃木県)

 野岩鉄道会津鬼怒川線の無人駅「中三依(なかみより)温泉駅」の目の前にある敷地を利用したキャンプ場。近くに男鹿(おじか)川が流れ、1時間に1本程通る列車の眺めも楽しめる。焚き火台のレンタルを活用し、星空を眺めながら夜の時間を過ごすのもいい。

 敷地内の温泉「男鹿の湯」(平日は休館の場合あり)にはバーなどがあり気ままに過ごせる。温泉フリーパスがセットになったプラン(2100円〜)がお得だ。

 1000円〜。日光市中三依423。(電)0288・79・0262

◆選べるサイト6種 ペット同伴もOK

写真

■長瀞オートキャンプ場(埼玉県)

 自然豊かな長瀞エリア。サイトを選べるのが特徴で、荒川に面した「ビューサイト」、昼寝をしたくなる「ハンモックサイト」など6種から選べる、1区画ずつひとり用サイトがある。

 女性専用サイトも2区画あり、シャワールームやパウダールームもあるので、ソロキャンプ初挑戦の女性にもおすすめだ。調理器具のレンタルがあるので上手に活用してみても。ペット連れ(300円〜)OK。

 1500円〜。長瀞町井戸559の1。(電)0494・66・0640

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報