東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

フルーツティー

 ドライフルーツや花びら、ハーブ、スパイスなどをブレンドした「フルーツティー」。ホットのほか、水や炭酸水で作ることもでき、フレッシュな果実感が味わえて色もきれい。果実の甘い香りに包まれて一息してみては。 (価格は参考)

◆ドライフルーツ使用 果実の甘みしっかり

写真

■ルピシア「ジュテーム」

 素材にこだわり厳選したドライフルーツを贅沢(ぜいたく)に使用。相性やバランスを考えハーブをブレンドし、果実本来の甘みを最大限に引き出した。

 ワイルドブルーベリーなどを使った、ワインのような芳醇(ほうじゅん)な香り「ミスティーク」、京柚子(ゆず)などさわやかな柑橘(かんきつ)系の「ブリヤン」(各950円)。ピーチやパインのみずみずしい香り「ミニョン」、華やかなローズが香る「エレガン」(各900円)の4種。25日には、トロピカルな味わいの「エクラタン」(900円)と、ラ・フランスとライチの上品な香り「ピュール」(950円)も加わる。

 すべて50gデザイン袋入り。茶葉を使っていないのでカフェインゼロ。水出しもOK。(電)0120・11・2636

◆香りを閉じ込めた手軽な粉末タイプ

写真

■「ブレンディ カフェラトリー」スティック フルーツティー

 果実由来の香り成分を抽出しアロマカプセルに閉じ込めた、味の素AGF独自の「フレッシュアロマ技術」を採用した粉末。白桃と黄桃を合わせた「芳醇(ほうじゅん)ピーチティー」、リンゴとローズヒップの香り豊かな「芳醇アップルティー」、マスカットとエルダーフラワーの甘い香りの「芳醇マスカットティー」、グレープフルーツとレモンのすっきりとした味わいの「芳醇グレープフルーツティー」の4種がある。すべて、丁寧に淹(い)れたアッサム紅茶と合わせた。手軽なスティックタイプで、冷たい水にもサッと溶ける。

 各6.5g×7本入り、260円前後。(電)0120・17・8651

◆トロピカル風味など4種をティーバッグで

写真

■トワイニング「フルーツ&ハーブティー テイスティーライン」

 乾燥させたローズヒップとハイビスカスがベースのフルーツティー。

 ブルーベリーやオレンジで酸味を抑えた「スーパーフルーティー」、トロピカルな風味の「ピーチ&パッションフルーツ」、爽やかでジューシーな味わい「アップル&ブラッドオレンジ」、バニラが香る「カモミール&ハニー」の4種がある。

 抽出性に優れる三角ティーバッグ

とチャック付きのアルミ袋入りでフレッシュさをキープ。いつでも香り高い味わいが。アイスで飲む場合は、少量の熱湯で抽出した後、水や炭酸水を加える。カフェインゼロ。

 7袋入り、324円前後。片岡物産(電)0120・941440

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報