東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

からだにできるニキビ対策 

 首やデコルテ、背中などにできるブツブツ。ケアしてもなかなか治らないという悩みはないか。これは、思春期のニキビとは違い、毛穴から細菌や真菌が侵入し繁殖し、炎症を起こしてしまう大人に多いニキビ。きちんと治そう。 (価格は参考)

◆狙った患部に噴射

写真

■セナキュア

 有効成分の「サリチル酸」と「エタノール」が、背中などのブツブツの原因菌を殺菌し、皮ふ修復作用のある「アラントイン」が赤みなどの炎症を鎮めて組織を修復し、すべすべ素肌に改善する。

 正倒立仕様のポンプと、広範囲に塗布できるノズル採用のスプレータイプだから、容器を逆さまにしても、狙った患部にしっかり噴射塗布できる。べたつかず乾きやすい製剤で、肌への刺激が少ない弱酸性。

 第2類医薬品。100ミリリットル、1296円。小林製薬(電)0120・5884・01

◆昭和からの常備薬

写真

■オロナインH軟膏

 1953(昭和28)年の発売以来、半世紀以上にわたり「暮らしの常備薬」として販売されているロングセラーブランド。擦り傷や切り傷、手のひび、あかぎれ、水虫などの皮膚疾患や、外傷治療薬に使われ続けているが、ニキビの治療にも使うことができる。

 主成分は、殺菌・消毒薬として広く用いられている「クロルヘキシジングルコン酸塩液」。ノンステロイド。第2類医薬品。

 「瓶入(いり)」3種(30g、475円〜)。「チューブ入」2種(11g、324円〜)。大塚製薬(電)03・3293・3212

◆抗真菌成分を配合

写真

■クロマイ−N軟膏(なんこう)

 2種の抗生物質と、化膿(かのう)性皮膚疾患用薬として市販薬で唯一の抗真菌成分を配合。胸や背中にできる赤いブツブツの原因が、細菌やカビの一種(真菌)であることが多いことに注目した治療薬。第2類医薬品。ノンステロイド。12g、1674円。のびのよい透明の軟膏タイプ。ニキビなどの症状を緩和するビタミンB2・B6のほか、有効成分をバランスよく配合した、7歳以上からのめる錠剤「新エバユースB26」もある。

 第3類医薬品、60錠、1382円。第一三共ヘルスケア(電)0120・337・336

◆きれいな肌に導く

写真

 ■薬用アクネレスピールローション

 殺菌効果を発揮する2種の有効成分と炎症などを抑える抗炎症成分のほか、角質ケアや、9種の保湿成分を配合する。医薬部外品。

 エステサロン「シーズ・ラボ」と共同開発。エステの施術を応用し、ニキビの悪化を防ぐだけではなく、痕を残さずきれいな肌に導くのが特徴だ。

 極力、不要なオイル成分は配合せず99%ウオーターベースに仕上げた。逆さまにしてもスムーズに噴射できるスプレータイプ。

 200ミリリットル、2484円。ドクターシーラボ(電)0120・371・217

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報