東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

快眠サポートサプリメント&漢方薬

 ストレスや加齢などが原因で、睡眠に悩みを抱える人が少なくない。そんな悩みをサポートしてくれる、サプリメントや漢方薬を紹介する。加えて、適度な運動や規則正しい食事など生活リズムを整えて快眠生活を手に入れよう。 (価格は参考)

◆清酒酵母に着目 睡眠の質を向上

写真

■ライオン「グッスミン 酵母のちから」

 睡眠の質の高さに着目して研究に着手。80種もの食品素材を検証した結果、歴史ある酒蔵で発見された清酒酵母GSP6が、睡眠の質の向上や、すっきりした目覚めに役立つことを確認し、開発にこぎつけた。

 効果検証のため、深い睡眠が得られると多く出る「デルタ波」や成長ホルモン量を測定。増加を確認し、一定の効果を確かめたもの。1日4粒を目安に、就寝前に飲む。124粒、5486円。機能性表示食品。(電)0120・056・208

◆5つの生薬配合 神経高ぶり鎮め

写真

■小林製薬「漢方ヒロレス 酸棗仁湯(さんそうにんとう)錠」

 酸棗仁、甘草(かんぞう)など5つの生薬を配合した漢方薬。睡眠に悩む人向けの商品で、神経の高ぶりを鎮めて熟睡できるよう働きかける。

 7〜15歳未満(1回2錠)、15歳以上(1回3錠)を1日3回、食前または食間に服用。第2類医薬品。63錠、2640円。

 ライフスタイルの変化によって多様化している「疲れ」に着目したシリーズ。ほか、血行不良や体力低下、気が静まらないなどに対応する全4種がある。(電)0120・5884・01

◆快眠につながる 植物由来12成分

写真

■ヴィジョンステイト「ネムリス」

 中国などに自生するハーブで、古くからお茶として親しまれるラフマ葉の抽出物や、アミノ酸の一種のGABA酵素、テアニンなど12種の植物由来成分を配合。睡眠科学を研究する裏出良博(うらでよしひろ)博士監修の下、服用時の脳波を測定して、深い眠りが増えることを検証したという。

 体をリラックスした状態に導き、快適な睡眠につなげることを目指した。

 1日6粒を食後または、就寝前に飲む。180粒、7000円。(電)0120・92・5544

◆アミノ酸を研究 目覚めに爽快感

写真

■味の素「グリナ」

 100年以上にわたるアミノ酸研究から生まれたサプリメント。ホタテなどの魚介類に多く含まれるアミノ酸・グリシンを摂取することで速やかに深い睡眠をもたらすことを見いだし、配合した。夜の深い眠りを重視して開発したもので、朝までぐっすり。日中の眠気の改善や、爽快感のある目覚め、疲労感の軽減に役立つことが期待される。

 グレープフルーツ味の顆粒(かりゅう)タイプ。就寝前に1日1本を服用。30本入り、7128円。機能性表示食品。(電)0120・324・324

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報