東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

サウジ18歳女性、タイの空港で拘束 虐待で「命の危険」 国連が保護

 【バンコク=山上隆之】タイの首都バンコク郊外のスワンナプーム国際空港で五日、サウジアラビア人女性(18)が拘束された。女性は家族の虐待から逃れるため、オーストラリアへの亡命を希望。ツイッターに「帰国させられれば生命の危険にさらされる」と書き込んで国際社会に助けを求めた。タイ当局は七日、女性のサウジへの送還を見送り、国連難民高等弁務官事務所の保護下でタイへの入国を許可した。

 女性はラハフ・ムハンマド・クヌンさん。家族と旅行中だったクウェートから逃げ、飛行機の乗り継ぎでバンコクに到着した際、サウジ大使館員らにパスポートを取り上げられた、と主張。七日午後まで空港内の乗り継ぎ用ホテルに滞在させられていたという。

 クヌンさんは国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチに対し「髪の毛を切っただけで、六カ月間も自室に閉じ込められた」などと証言した。

 AFP通信によると、サウジ大使館はパスポート押収などの事実を否定。タイメディアは、クヌンさんが国連の担当者とともに空港を出て、バンコクの別の宿泊施設に向かったと伝えた。

 サウジでは、著名記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件で人権問題が注目を集めたこともあり、欧米メディアがクヌンさんの処遇に高い関心を示している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報