東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

認知症タイ人女性、中国で保護 8カ月ぶり、600キロ以上離れ

 【バンコク=山上隆之】昨年六月にタイ北部チェンライの自宅を出たまま行方不明になっていた認知症のタイ人女性(59)が、六百キロ以上離れた中国南部の昆明で無事保護され、八カ月ぶりに家族との再会を果たした。「女性は昆明までどうやってたどり着くことができたのか」と話題になっている。

 タイメディアなどによると、「母がいなくなった」と娘(35)が地元警察に届け出たのが昨年六月十二日。中国の警察が一月下旬、昆明の高速道路を歩いていた女性を保護し、所持していた身分証明書から身元が判明した。女性と娘は今月十四日に昆明で再会を果たし、十五日に飛行機でチェンライに戻った。

 チェンライはミャンマーやラオスとの国境に近い。昆明までは「黄金の三角地帯」と呼ばれる山岳地帯を越えなければならない。タイメディアは「ミャンマー経由で自力で歩いた」「ラオス経由で途中、メコン川を船で渡った」などの説を紹介している。

 女性は体重が二〇キロほど減ったものの、元気そうな様子。「息子に会いに出かけ、自分で歩き続けた。タイの国境を越えたことには気付かなかった」と話しているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報