東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

文大統領「半島平和へ日本と協力」 直接的な批判避ける

1日、ソウル市内で開かれた「三・一独立運動」100年の政府式典で演説する文在寅大統領=共同

写真

 【ソウル=中村彰宏】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、日本の植民地支配に抵抗して一九一九年に起きた「三・一独立運動」から百年となった一日、ソウル中心部での記念式典で演説した。元徴用工訴訟や慰安婦問題で日韓関係が冷え込む中、「過去は変えることはできないが、未来は変えることができる」とした上で、「朝鮮半島の平和のために日本との協力も強化する」と未来志向的な関係構築を目指す考えを示した。

 文氏は「力を合わせ、(日本の植民地支配の)被害者たちの苦痛が実質的に癒やされる時、韓国と日本は心が通じる真の友人になれる」と述べたが、直接的な対日批判は避けた。

 文氏はまた、「親日残滓(ざんし)の清算は、長く先送りされた宿題だ」と述べ、植民地統治に協力した一部の行為を反省し、独立運動を評価すべきだとの考えを強調した。対立する保守派勢力に向けた発言とみられる。

 また、事実上決裂した米朝会談に関し「長時間、対話し、相互理解や信頼を高めたことだけでも意味のある進展だった」と評価。連絡事務所設置をめぐる議論など重要な成果があったとし、「韓国政府は米国、北朝鮮と緊密に協力し、米朝間の完全な合意を必ず成し遂げる」と意欲を示した。

 南北の統一を念頭に置いた「新たな朝鮮半島体制」についても言及。南北間の経済協力を進め「統一を準備していく」と述べた。「南北関係の発展が米朝関係、日朝関係の正常化につながり、北東アジアの新たな平和安保秩序を確定させる」と語り、金剛山(クムガンサン)観光と開城(ケソン)工業団地の再開に向けて米国と協議していく意向も示した。

 政府主催の式典は、ソウル中心部の光化門広場で開催。独立運動当時の行進を再現するほか、三・一独立宣言の朗読などもあった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報