東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「トランプ氏は地球を守れ」 「温暖化抗議」世界デモ、全米に波及

15日、米首都ワシントンの連邦議会議事堂前で、プラカードを手に地球温暖化対策の強化を訴える若者ら=AP・共同

写真

 【ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス=共同】「トランプ大統領は今すぐ地球を守れ」。若者らが地球温暖化対策を訴える世界的な抗議行動は十五日、全米各地でも続いた。米メディアによると大半の州で実施され、パリ協定からの離脱表明など温暖化対策に後ろ向きなトランプ政権を子どもたちが足元から糾弾した。

 首都ワシントンの連邦議会議事堂前では、若者らが手作りのプラカードを手に「地球や大気、未来は私たちのものだ」「化石燃料は地中にとどめておくべきだ」と一斉に声を張り上げた。

 ニューヨークの国連本部前では数十人が歩道に寝転んで抗議。昨年十二月から毎週金曜日に国連前で一人で座り込みを続ける女子中学生アレクサンドリア・ビラセノーさん(13)は「気候変動を信じない人が多い米国は最も恥ずべき国だ」と述べた。

 十五日はスウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(16)の座り込み活動に共鳴する若者らが日本や欧州など各国で抗議行動を実施。AP通信によると、デモや集会は百カ国以上に及んだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報