東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ベール脱いだ!ソ連レスラー 来日30年、ザンギエフさん

モスクワ郊外で3月、「毎日子どもたちとトレーニングしている。まだプロレスもできるよ」と笑うザンギエフさん=栗田晃撮影

写真

 今から三十年前、平成の幕開けとともに、日本のプロレスに参戦したソ連のレスラーたちがいた。ペレストロイカ(改革)が後押ししたスポーツ交流。秘密のベールに覆われていた社会主義の大国からやってきた選手たちは、日本のファンを大いに沸かせた。来日した選手の一人、ビクトル・ザンギエフさん(57)が当時の思い出を語った。 (モスクワ・栗田晃)

 待ち合わせの場所に一九〇センチ近い大男が立っていた。たくましい胸板は往年の面影を残すが、笑顔は柔和だ。現在はモスクワ郊外の町で、アマチュアレスリングの指導に当たるザンギエフさんは「日本の文化も食べ物も、何もかも大好きだった。また行ってみたいな」と懐かしんだ。

 レスリング重量級でソ連王者に七度輝くほどの実力者だったザンギエフさん。しかし、一九八四年のロサンゼルス五輪をソ連がボイコットし、大舞台には恵まれないまま、引退した。

 くすぶっていた思いを救ったのがプロレスだった。改革開放の流れの中、アントニオ猪木さん率いる新日本プロレスが八八年秋、未知なる選手発掘を目指し、ソ連国家体育スポーツ委員会と協力することで合意。ザンギエフさんにも誘いの声がかかった。

1989年2月、ザンギエフさん(右から2人目)ら初来日したソ連レスラーが出席して行われた記念イベント=ザンギエフさん提供

写真

 猪木さんらが見守った二度の選抜試験には約三十人が参加。ザンギエフさんやレスリング世界王者のサルマン・ハシミコフさんら三人が選ばれた。ロープの反動を使った動きや受け身などを学び、八九年二月に初来日した。

 アマチュアスポーツから一転、華やかなリングへ。だが、「プロレスは決して『ショー』ではない。すごくハードな仕事だった」。新日本プロレスの道場に住み込み、トレーニングに参加した。明日のスターを夢見て、千回以上のスクワットをこなす若手たち。金メダルを目指していたころの自分たちと同じ真摯(しんし)な姿がそこにあった。

 豪快な投げ技など確かな技術と、秘密めいた素性が注目を集め、ソ連選手は興行の目玉に。いきなり同年四月の東京ドーム大会のリングに立ち、五万人超の観衆を前にした。ザンギエフさんも「いままでレスリングの大会の観客はまばら。最初は面食らった」と苦笑する。

 バスで日本中を移動し、試合をした。「ファンの反応は正直。いい試合をしたら盛り上がってくれる。やりがいがあった」。ソ連南部カフカス地方にルーツを持つ素朴で気さくな性格も、ファンに親しまれた。

1989年12月、モスクワで行われたソ連初のプロレス大会で、母国のリングに上がったザンギエフさん(右)。対戦相手は長州力選手=ロシア通信提供

写真

◆長州に敗戦。モスクワの客が泣いたよ

 八九年末には、新日本プロレスがモスクワでソ連初のプロレス大会を開催し、一万二千人が訪れた。ザンギエフさんは長州力選手と対戦したが、敗戦。「たくさん応援に来てくれた人が悲しんでね。泣いている人もいたな」と振り返る。

 九一年末にソ連は崩壊。新生ロシアとの間を行き来しながら、日本のプロレスへの参戦は六年間続いた。最後は一試合五万ドル(約五百万円)の提示をされるほど、評価を受けた。しかし、体の酷使に限界を感じ、レスラー生活に区切りをつけた。

 その後、思わぬ形で脚光を浴びる。九〇年代に発売された日本の格闘ゲーム「ストリートファイターII」のキャラクターに、ソ連出身のレスラー「ザンギエフ」が登場。ゲームは世界的な人気となり、「日本のプロレスに行ったおかげで、どの国でも俺の名前を知ってくれている。そういう意味じゃ良かったかな」と笑う。

 長州選手や藤波辰爾選手ら、三十年前、ザンギエフさんと同じリングに上がった中にも、まだ現役を続けている日本人選手がいる。それを伝えると、「俺も毎日トレーニングしているし、体形は維持している。日本に呼んでくれれば、いつだって闘える準備はできてるよ」と力こぶをつくった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報