東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

正男氏事件被告に禁錮3年4月判決 「傷害罪」に訴因変更

 【クアラルンプール=共同】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシアの首都クアラルンプール近郊の高裁は一日、実行犯として起訴されたベトナム国籍のドアン・ティ・フオン被告(30)に「危険物による傷害罪」で禁錮三年四月の実刑判決を言い渡した。マレーシア検察は一日の公判で、殺人罪から罪状の軽い「危険物による傷害罪」に訴因変更した。

 事件ではインドネシア国籍の女性シティ・アイシャさん(27)も同様に殺人罪で起訴されていたが、先月十一日に検察が突然、起訴取り下げを表明し、アイシャさんは釈放された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報