東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ノートルダム寺院炎上 尖塔崩落 パリ世界遺産

15日、パリで、大規模な火災で炎上し、崩れ落ちるノートルダム寺院の尖塔=AP・共同

写真

 【パリ=竹田佳彦】フランス・パリ中心部のノートルダム寺院の大聖堂で十五日夕(日本時間十六日未明)、大規模な火災が発生し、高さ九十三メートルの尖塔(せんとう)が焼失した。パリ市消防によると、消火活動中の隊員一人が大けがを負った。寺院関係者や観光客が負傷したとの情報は入っていない。マクロン仏大統領は同日夜に予定した政策関係の演説を取りやめ、現場を訪れた。十六日未明、火勢は抑えられ、鎮火に向かった。

 大聖堂の広報担当者によると、十五日午後六時五十分(日本時間十六日午前一時五十分)ごろ出火。尖塔や屋根の木材に燃え移った。消防などによると大聖堂の修復工事と関連した失火の可能性があり、捜査当局が捜査を始めた。大聖堂では柱や梁(はり)など構造部の多くに木材が使用され、延焼の危険性が指摘されていた。

 パリ市のグレゴワール副市長は仏ニュース専門局BFMで大聖堂が「甚大な被害を受けた」と発言。大聖堂内には歴史的、宗教的な貴重品もあるが、消防隊の責任者はAFP通信に「最も貴重なものは避難できた」と述べた。

 マクロン大統領は同日夜、昨秋から続く反政権デモ「黄色いベスト運動」を受けて実施した国民からの聞き取りに対し、回答を発表する予定だったが、急きょ中止。現場で「大聖堂は国民の歴史であり、文学であり、偉大な瞬間を体験してきた場所だ。大聖堂を再建する。国民が望んでいる」との声明を発表した。

<ノートルダム寺院の大聖堂> パリ中心部を流れるセーヌ川のシテ島にあるカトリック教会の寺院建築。12世紀に着工し、約200年かけて完成したゴシック建築で、荘厳な外観やステンドグラスで知られる。19世紀に皇帝ナポレオン1世の戴冠式が行われたほか、ビクトル・ユゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」やバレエの舞台にもなった。1991年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。年間1300万人が訪れるパリ屈指の観光名所として知られる。

火災前のノートルダム寺院=2014年8月(ロイター・共同)

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報