東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

大聖堂 屋根から出火か 仏大統領、再建を表明

15日、炎上するパリのノートルダム寺院=タス・共同

写真

 【パリ=竹田佳彦】フランス・パリ中心部の世界的な観光名所で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、ノートルダム寺院(大聖堂)で十五日夕(日本時間十六日未明)起きた大規模火災は、高さ九十三メートルの尖塔(せんとう)など屋根の三分の二が焼失し、出火から約十五時間後の十六日午前に鎮火した。捜査当局は出火原因が、修復工事中の失火による可能性があるとみて調べている。

 火災は建物の高層部で発生、尖塔や屋根の木材に燃え広がった。ヘリコプターによる上空からの消火活動は建物を破壊する恐れがあったため、消防当局は約四百人体制で地上から放水、建物の崩壊を防いだ。

写真

 AFP通信によると消防士一人と警官二人が負傷。パリ消防の責任者などによると、寺院の歴史的、宗教的に貴重な文化財は救出されたほか、ステンドグラスが有名な「バラ窓」は大きな被害を免れた。観光客や宗教関係者の負傷は伝えられていない。パリは数日間晴天で大気が乾燥し、出火時は風が吹いていた。

 建物は一部が修復中で、仏メディアによると作業員約十五人は十五日午後五時半(同十六日午前零時半)までに仕事を終了。約五十分後に火災報知機がいったん鳴ったが出火の確認はできず、その約二十分後に再び鳴った時は屋根の骨組み付近が燃えていたという。

 マクロン仏大統領は予定したテレビ演説を中止して火災現場を訪問し、「最悪の事態は免れた。われわれは大聖堂を再建する」と、国際的な募金活動を始める意向を表明。ユネスコのアズレ事務局長は再建に向けて「支援する用意がある」とツイッターで述べた。

 寺院は十二世紀に着工し、十四世紀に完成したゴシック建築で、寺院を含むセーヌ川一帯は世界文化遺産に登録されている。一八〇四年にはナポレオンが皇帝の戴冠式を行ったほか、寺院を舞台にしたビクトル・ユゴーの小説は「ノートルダムの鐘」としてミュージカルやバレエにもなった。

写真

15日、パリで、大規模な火災で炎上し、崩れ落ちるノートルダム寺院の尖塔(せんとう)=AP・共同

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報