東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

正恩氏、新型兵器実験視察 非核化停滞で米けん制か

 【ソウル=境田未緒】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は十八日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が十七日に「新型戦術誘導兵器」の射撃実験を視察したと報じた。正恩氏は十六日に軍航空部隊の視察をしており、二日間連続で国防関連の動向が明らかになった。

 発射実験は国防科学院が実施した。ミサイルや砲弾など詳しい兵器の種類は明らかにされていない。長距離弾道ミサイルなど大規模攻撃に使われる戦略兵器ではないとみられる。

 局地的な戦闘で使われる戦術兵器の実験を伝えることで、非核化を巡る交渉が進んでいない米国を必要以上に刺激せず、けん制しているとの見方が出ている。

 韓国の聯合ニュースは「米国との対峙(たいじ)が長引く状況で北朝鮮住民らの安保不安を解消する狙いがあるとの解釈も出ている」とした。

 朝鮮中央通信によると、発射実験は異なる目標に応じたさまざまな射撃方式で行われた。「特殊な飛行誘導方式」と「威力のある弾頭部の装着」で設計上の指標を完全に満たし、正恩氏は、国防科学技術重視の政策の正統性が示されたとして大いに満足した。さらに正恩氏は「軍需生産を正常化し、国防科学技術を最先端の水準に引き上げる段階的目標と戦略的目標を提示した」という。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報