東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北第一外務次官「ボルトン氏は間抜け」 非核化交渉、トップ決着狙いか

写真

 【北京=城内康伸】北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)第一外務次官=写真、ロイター・共同=は二十日、三回目の米朝首脳会談開催のための条件を巡る、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の発言を取り上げ、同氏について「間抜けに見える」と非難した。朝鮮中央通信が伝えた。

 十八日には北朝鮮外務省高官がポンペオ米国務長官を非難しており、北朝鮮に厳しい要求をするボルトン、ポンペオ両氏を排除して、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領とのトップ会談に持ち込みたい思惑があるとみられる。

 ボルトン氏は十七日に米ブルームバーグ通信とのインタビューで、次回の米朝首脳会談開催には、「北朝鮮が核を放棄する戦略的決定をしたことを示す兆候が必要だ」と述べた。

 これに対し、崔氏は「朝米両首脳の意思に対する無理解からなのか、ユーモア感覚のつもりで脱線したのかはわからないが、私には魅力なく聞こえる」と批判。「米国式の才知も論理性も見当たらない」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報