東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

テロ「NZ銃乱射の報復」 スリランカ政府 背後に国際組織か

 【コロンボ=共同】スリランカの国防担当の国務大臣は二十三日、連続爆破テロに関し「初期の捜査の結果、ニュージーランドで起きた銃乱射事件の報復としてイスラム過激派が実行したことが分かった」と議会で述べた。三月の銃乱射事件ではモスク(イスラム教礼拝所)が襲われた。 

 連続爆破テロの死者は三百二十一人に上った。過激派組織「イスラム国」(IS)は二十三日、系列のニュースサイトを通じ「スリランカでの攻撃を実行したのはISの戦闘員だ」とする犯行声明を発表した。実行犯とする七人の通称と具体的な役割にも言及し、「十字軍連合の市民」を標的にしたとしている。

 ロイター通信によると、警察当局はテロに関与した疑いで計四十人を拘束。シリア人が一人含まれているとの情報もあったが、ウィクラマシンハ首相は「拘束したのはスリランカ人だけだ」と否定した。ただ海外への渡航歴があった自爆犯がいたとも指摘。国内のイスラム過激派がテロを実行したとの見方を示すとともに、テロの訓練や資金調達などを念頭に国際的な過激派組織のメンバーが関与しているとの考えも示した。

 二十一日にスリランカ最大都市コロンボなどで発生したテロでは、現地在住の日本人女性、高橋香さん(39)も死亡し、夫の光さん(39)ら五百人以上が負傷した。

 シリセナ大統領は二十三日に非常事態宣言を出した。一方、同国政府が事前にテロ攻撃の可能性に関する情報を入手していながら、発生を未然に防げなかったことに批判が高まっている。

 地元メディアなどによると、同国政府に今月四日、イスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」によるテロ攻撃が迫っているとの情報が、インド政府から寄せられた。情報は治安当局者で共有されたが、具体的な対応は取らないままだった。

 スリランカ政府は、NTJが今回のテロを起こしたとみており、閣僚からは治安当局への批判が噴出。シリセナ氏は事実関係の調査を命じた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報