東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

金正恩氏、ロシア入り 特別列車で あす首脳会談

24日、ロシア・ハサン駅に到着し、出迎えを受ける北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)=共同

写真

 【ウラジオストク=中村彰宏】金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は二十四日未明、ロシアに向けて特別列車で平壌(ピョンヤン)を出発した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信が伝えた。同日夕にウラジオストクに到着する予定で、二十五日にプーチン大統領と会談する。

 同通信によると、二月末の米朝首脳会談に同席した李容浩(リヨンホ)外相や崔善姫(チェソンヒ)第一外務次官らが同行。米朝交渉の状況を伝え、制裁緩和に向けた一層の協力を求めるとみられる。

 ロシアメディアによると、特別列車は二十四日午前に国境を通過。ロシア側のハサン駅に一時停車し、歓迎式典が開かれた。正恩氏は、祖父の故金日成(キムイルソン)主席が旧ソ連時代にこの地を訪問した記念に建てられたロシア朝鮮友好の家「金日成の家」も訪ねた。

 正恩氏とプーチン大統領の首脳会談は、ウラジオストクのルースキー島にある極東連邦大で開催される。ロシアのウシャコフ大統領補佐官によると、閣僚らを交えた拡大会合も開き、ロシア側はラブロフ外相らが出席。非核化や経済協力が議題になる。ウシャコフ氏は、会談の場所や日程を直前まで発表しなかったことについて「北朝鮮側との合意があった」と述べた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報