東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

スコットランドが21年までに独立投票 英EU離脱の場合

 【ロンドン=藤沢有哉】英国スコットランド行政府のスタージョン首相は二十四日、英国が欧州連合(EU)から離脱した場合は、二〇二一年五月までに独立の是非を問う住民投票を再実施することを目指す考えを表明した。スコットランド議会の演説で「EU離脱はスコットランドの変化を不可避にする」などと述べた。離脱撤回を英政府に迫る狙いもあるとみられる。

 スタージョン氏は「スコットランドは資源と才能によってヨーロッパで繁栄しており、(EU離脱後は)独立でその立場を守れる」と強調。二回目の住民投票の実施期限は、現在の議員任期に合わせて設定した。

 スタージョン氏は今年中に、住民投票の再実施に向けた関連法案をスコットランド議会に出す方針。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報