東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ロ朝首脳が初会談 正恩氏、制裁緩和協力要請か

25日、ロシア・ルースキー島で、ロ朝首脳会談のため会場に到着したロシアのプーチン大統領=ロイター・共同

写真

 【ウラジオストク=栗田晃】ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は二十五日、ロシア極東ウラジオストクで、初の首脳会談を行った。二月の米朝首脳会談が物別れに終わったのを受け、朝鮮半島の非核化を巡る米国との協議について議論するほか、正恩氏はプーチン氏に段階的な制裁緩和への協力を求めるとみられる。

 正恩氏は二十四日、特別列車でロシア入りし、会談場所となるルースキー島にある極東連邦大に宿泊した。北朝鮮の最高指導者の訪ロは、故金正日(キムジョンイル)総書記による二〇一一年以来の約八年ぶりで、金正恩体制になってからは初めて。プーチン氏は二十五日にウラジオストクに入った。会談は通訳のみを交えた一対一のやりとりのほか、閣僚らを交えた拡大会合を行う。

 非核化の問題のほか、国連などの制裁下でも可能な両国間の経済協力についても話し合う。正恩氏は二十四日、ロシア国営テレビのインタビューに応じ、「朝鮮半島情勢の調整と、二国間の発展に関する問題を具体的に話し合えると期待している」と述べた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は二十五日、正恩氏のロシア入りを報道。「熱い歓迎の雰囲気に包まれていた」とウラジオストク駅前での歓迎式典の様子を伝えた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報