東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北非核化、米主導を批判 ロ朝首脳会談 6カ国協議に言及

25日、会談で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とロシアのプーチン大統領=タス・共同

写真

 【ウラジオストク=栗田晃】ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は二十五日、ロシア極東ウラジオストクで、初の首脳会談を行った。会談後、記者会見したプーチン氏は北朝鮮の非核化について「国際法による北朝鮮の主権維持と安全保障が必要だ」と述べ、米国だけが解決策を主導することを批判。北朝鮮が体制保証のために望めば、北朝鮮と日米中ロ韓による「六カ国協議」の復活も有効だとの認識を示した。

 正恩氏は公開された会談冒頭で、「世界の焦点が朝鮮半島問題に集まる中、見解を共有し、共同で調整していくことで有意義な会談になる」と発言。プーチン氏によると、正恩氏は「会談の結果を米国に伝えてほしい」と要請したという。

 二月の米朝首脳会談が決裂したのを受け、正恩氏は完全な非核化を先行させようとする米国に譲歩を促し、段階的な制裁緩和を実現するため、プーチン氏に協力を求めたとみられる。

 会談は計三時間半行われた。一対一の協議は約二時間に及び、残りは閣僚らを交えた拡大会合を行った。共同声明や合意文書は作成されなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報