東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ベネズエラ軍、一部兵士反旗 グアイド氏 蜂起呼び掛け

30日、ベネズエラの首都カラカスで、支持者に囲まれ演説するグアイド国会議長=ロイター・共同

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】南米ベネズエラでマドゥロ大統領に代わる暫定大統領就任を宣言した野党指導者グアイド国会議長は四月三十日、ツイッターにベネズエラ軍の兵士らとみられる集団を従えた動画を載せた。マドゥロ政権の追い落としに向けた「最終段階」に入ったと強調し、「権利侵害の終わりがきょう始まった」と蜂起を呼び掛けた。

 グアイド氏は「軍は正しい決断をした。国民側についた」と主張。一方で、マドゥロ政権のロドリゲス情報相はツイッターで「軍の反逆者の小集団に対処している」と投稿した。軍兵士らを伴ったクーデターの可能性もあるが、どこまで広がるかは不明だ。

 ロイター通信によると、首都カラカスの空軍基地近くで、グアイド氏や約七十人の武装隊員らに向けて、治安当局が催涙ガスを発射したほか、発砲音が聞こえたとの目撃情報もある。

 グアイド氏を支持する米国のボルトン大統領補佐官はツイッターで「ベネズエラ軍は憲法と国民を守らなければならない。民主主義の侵害にあらがい国会を支えるべきだ」と呼び掛けた。

 グアイド氏は一月に暫定大統領に名乗り出た。トランプ米政権がいち早く承認し、日本を含む五十カ国以上が追随。一方、こうした動きをロシアや中国、キューバなどは「内政干渉」と非難し、マドゥロ政権を支持している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報