東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

正男氏殺害実行役が出所 ベトナム帰国の途 事件幕引きへ

写真

 【バンコク=山上隆之】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が二〇一七年にマレーシアで殺害された事件で、実行犯として有罪判決を受けたベトナム人女性、ドアン・ティ・フオンさん(30)=写真、共同=が三日、刑期を終えて刑務所から出所した。同日中にベトナムに帰国する。

 殺害を指示したとみられる北朝鮮国籍の男四人が事件直後に国外に逃れ、もう一人の実行犯とされたインドネシア人女性も検察側の起訴取り下げで既に釈放された。世界を震撼(しんかん)させた事件は、真相が解明されないまま幕引きとなりそうだ。

 フオンさんの弁護人が三日、地元メディアの取材に対し、「皆さんに感謝します。私はとても幸せです」などと書かれたフオンさんの手紙を紹介した。

 フオンさんは一七年二月、クアラルンプール国際空港で、正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを塗ったとして殺人罪に問われた。しかし、「いたずら動画への出演だと思っていた」などと無罪を主張。マレーシア検察は今年四月、死刑が適用される殺人罪から、罪状の軽い「危険物による傷害罪」に訴因変更した。ベトナム政府の働きかけを受けたマレーシア政府の政治的判断が働いたとみられている。

 裁判所は禁錮三年四月の実刑判決を即日言い渡し、フオンさんも罪を認めたことで刑期を減免され、約一カ月で出所した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報