東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国含め3カ国での核軍縮可能性を議論 トランプ氏、プーチン氏と電話協議

写真

 【ワシントン=金杉貴雄】トランプ米大統領=写真(上)、ゲッティ・共同=は三日、ロシアのプーチン大統領=同(下)、共同=と電話協議し、二〇二一年に期限切れとなる米ロの新戦略兵器削減条約(新START)の延長や中国を加えた三カ国の核軍縮に意欲を見せた。北朝鮮の非核化についても議論した。

 トランプ氏は会談後、記者団に対し、米ロ両国が核兵器の保有に巨額の資金を投入していると指摘。核軍縮条約についてプーチン氏と「(中国を加えた)三カ国での可能性について議論した」と語った。

 中国も核軍縮交渉に強い関心を示していると強調し、「米ロはすぐに(交渉を)始め、中国はその後で加わることになるだろう」との見通しを示した。

 北朝鮮問題では、トランプ氏は非核化に向け、北朝鮮に圧力をかけ続けるように繰り返し求めた。プーチン氏は制裁緩和について言及したとみられる。

 政情混乱が続くベネズエラ情勢についても議論し、トランプ氏は記者団に「プーチン氏はベネズエラに関与しようとしていない」と主張。米国は反政権指導者のグアイド国会議長を支持しているのに対し、ロシアはマドゥロ大統領側を後押しし、米国を「内政干渉している」と批判している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報