東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ロシア機炎上、41人死亡 モスクワの空港 落雷?緊急着陸

5日、機体を炎上させ、モスクワ郊外のシェレメチェボ空港に緊急着陸する旅客機=@artempetrovich提供、AP・共同

写真

 【モスクワ=栗田晃】ロシアの首都モスクワ郊外のシェレメチェボ空港で五日、アエロフロート・ロシア航空の旅客機が緊急着陸し、炎上した。ロシア連邦捜査委員会は、乗員、乗客計七十八人のうち、四十一人が死亡したと発表した。機体の後ろ半分が激しく焼損しており、後部座席の乗客が逃げ遅れたとみられる。

 旅客機はモスクワから北西部ムルマンスクに向かって出発したが、間もなく引き返していた。アエロフロートは、着陸後にエンジンから発火したと発表した。

 ロシア国営テレビの映像では、旅客機は滑走路をバウンドしながら着陸。機体後部から炎と黒煙が上がり、前方にいた乗客らは緊急脱出スライド(滑り台)で脱出した。

 タス通信などは乗員らの話として、離陸直後に機体が落雷に見舞われ通信機能が途絶、コンピューターによる自動制御から手動運転に切り替わったと伝えた。

 プーチン大統領は遺族に哀悼の意を表するとともに、関係部局に原因究明を指示した。

 旅客機はロシア製の「スホイ・スーパージェット100」で二年前に製造され、今年四月に定期メンテナンスを受けたばかりだった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報