東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ロイター記者2人釈放 ミャンマー大統領が恩赦

 【バンコク=北川成史】AFP通信などによると、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害問題の取材を巡り、国家機密法違反罪で禁錮七年の実刑判決を受けたロイター通信のワ・ロン記者(33)とチョー・ソウ・ウー記者(29)が七日、大統領の恩赦で釈放された。両被告の事件を巡っては、報道の自由の侵害だとして、アウン・サン・スー・チー国家顧問が率いる政権への批判が国際社会で高まっていた。

 両記者は国軍の兵士らが西部ラカイン州でロヒンギャ十人を殺害した事件を取材していたが、二〇一七年十二月、治安部隊の極秘資料を警察から入手したとして逮捕された。

 最高裁は先月二十三日、禁錮七年とする一、二審判決を支持し、両被告の上告を棄却していた。

 両記者は一審から無罪を主張。証人出廷した警察官も、記者らに書類を渡し、逮捕を仕組むように幹部の指示があったと証言し、謀略の疑いが浮かんでいた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報