東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

<メディアと世界>ロイター記者 恩赦で釈放 ミャンマー政権、批判に押される

7日、ミャンマー・ヤンゴンで、恩赦を受けて釈放され、子どもたちとの再会を喜ぶロイター通信の記者2人=ロイター・共同

写真

 【バンコク=北川成史】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害問題の取材を巡り、国家機密法違反罪で禁錮七年の実刑判決を受けたロイター通信のワ・ロン記者(33)とチョー・ソウ・ウー記者(29)が七日、大統領の恩赦で釈放された。「報道の自由の侵害」との批判に、アウン・サン・スー・チー国家顧問が率いる政権側が耐えられなくなった格好だ。

 現地からの情報によると、両記者は満面の笑みで手を振りながら、最大都市ヤンゴンの刑務所から現れた。ワ・ロン記者は支援してくれた世界中の人に感謝を表し、「私は記者だ。これからも続ける」と誓った。

 両記者は国軍の兵士らが西部ラカイン州でロヒンギャ十人を殺害した事件を取材していたが、二〇一七年十二月、治安部隊の極秘資料を警察から入手したとして逮捕された。

 裁判の過程で、証人出廷した警察官が、記者らに書類を渡し、逮捕を仕組むように幹部の指示があったと証言したが、昨年九月、禁錮七年の判決が言い渡され、最高裁も先月、両記者の上告を棄却していた。

 ロイターのスティーブン・アドラー編集主幹は「五百十一日前の逮捕後、両記者は報道の自由の重要性の象徴となった。釈放を歓迎する」との声明を出した。

 ただ、人権団体「フリー・エクスプレッション・ミャンマー」は「恩赦を与えられたとはいえ、いまだに犯罪者の扱いだ」とし、同国の民主主義と司法制度の問題を指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報