東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北飛翔体、問題視せず 米韓両首脳が電話協議

 【ソウル=境田未緒】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領とトランプ米大統領は七日夜、北朝鮮が四日に飛翔(ひしょう)体を発射したことを受けて電話で協議した。韓国大統領府によると、両首脳は「北朝鮮が非核化のための対話軌道から離脱しないようにしつつ、できるだけ早く非核化交渉を再開するための方策に関して意見を交換した」という。

 北朝鮮が発射した飛翔体が弾道ミサイルであれば国連安全保障理事会の制裁決議違反となるが、米韓両首脳は問題視しない姿勢をみせている。

 協議は約三十五分間で、文氏は「北朝鮮の戦術誘導兵器を含む短距離飛翔体発射と関連した韓国政府の立場」を説明。発射後、トランプ氏がツイッターに投稿したメッセージが「北朝鮮を肯定的な方向にけん引するのに決定的な役割を果たすだろう」と評価した。

 トランプ氏は四日のツイートで「彼(金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長)は私が味方だと知っており、私との約束を破りたくない。ディール(取引)は実現するだろう!」と述べていた。

 また、トランプ氏は韓国が人道的支援として北朝鮮に食料を提供することも支持したという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報