東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米コロラド州の学校で銃乱射 1人死亡 7人負傷、生徒2人拘束

7日、米コロラド州ハイランズランチで、学校職員に連れられて避難する子ども=AP・共同

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】米西部コロラド州デンバー近郊ハイランズランチの小中高併設校で七日午後二時(日本時間八日午前五時)ごろ、銃乱射事件があり、地元警察当局によると、男子生徒(18)が死亡し、少なくとも七人が負傷した。当局は容疑者の男子生徒二人を現場で拘束し、自宅などを捜索している。

 現場は理工系の「STEMスクール・ハイランズランチ」で、児童生徒数は約千八百人。当局によると、事件は高等部の教室で発生し、負傷者はいずれも十五歳以上。発砲は警察官らが駆けつけるまで「かなり多く」続いたという。

 地元メディアによると、容疑者の一人がギターケースに隠し持った拳銃で犯行に及んだとの証言もある。

 現地からのテレビ中継では、同校周辺は緊急車両が取り囲み、子どもらが両手を頭にのせながら列になって避難した。屋外では難を逃れた子どもらが互いに涙を浮かべながら抱き合ったり、駆けつけた保護者とみられる人々が携帯電話を手に不安げに行き交ったりしていた。

 校名の「STEM」は、科学、技術、工学、数学を合わせた略称。現場の北西約十キロには一九九九年の銃乱射事件で生徒ら十三人が死亡したコロンバイン高校がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報