東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

豪総選挙、与党辛勝 政権維持 過半数確保は微妙

 【シドニー=共同】オーストラリア下院(任期三年、定数一五一)総選挙が十八日実施され、即日開票された。オーストラリア放送協会(ABC)などによると、モリソン首相(51)の与党保守連合(自由党と国民党、中道右派)がショーテン党首(52)率いる野党労働党(中道左派)に勝利し、政権を死守した。

 ABCによると、十九日午前一時(日本時間同零時)現在の開票率73・1%時点で、獲得予想議席数は保守連合七四、労働党六五。保守連合が過半数の七十六議席を獲得できるかは微妙な情勢で「ハング・パーラメント(中ぶらりん議会)」となる可能性もある。その場合、モリソン氏は少数政党や無所属議員に協力を呼び掛けることになる。

 モリソン氏は十九日未明(日本時間十八日深夜)、「やるべき仕事はたくさんある。われわれは職務に戻る」と勝利宣言し、首相続投に意欲を見せた。これに先立ちショーテン氏は敗北宣言し、党首を辞任すると表明した。

 十八日に発表されたニューズポール社の世論調査では二大政党勢力の支持率で労働党が51・5%、保守連合が48・5%。労働党がリードし、約六年ぶりの政権交代の可能性が指摘されたが苦戦を強いられた。

 保守連合は二〇一三年九月の総選挙で約六年ぶりに労働党から政権を奪還したが、その後、自由党の内部抗争で党首(首相)が二回交代。昨年八月、ターンブル氏からモリソン氏に交代した直後の世論調査では保守連合の支持率は労働党に12ポイントもの差をつけられたこともあった。保守連合は一九年度(一九年七月〜二〇年六月)に十二年ぶりの財政黒字を達成する見通しであることなど、六年間の経済運営の実績を強調。労働党は特に低所得者に手厚い所得減税や医療や福祉の拡充をアピールした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報