東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

極右・EU懐疑派 結集 ミラノ 欧州議会選、伸長へ気勢

18日、イタリア・ミラノで、EUの変革へ支持を呼びかけるサルビーニ氏(右から3人目)や極右・EU懐疑派の指導者ら=竹田佳彦撮影

写真

 【ミラノ(イタリア北部)=竹田佳彦】欧州議会選挙(二十三〜二十六日)に向けて伊北部ミラノで十八日、各国の極右や欧州連合(EU)懐疑勢力が一堂に会して総決起集会を開いた。移民・難民の流入や低迷する経済を背景に支持を広げており、選挙後の新会派結成をにらみ連携を図った。

 集会はイタリアの極右政党「同盟」を率いるサルビーニ副首相が呼びかけた。フランスのルペン・国民連合(RN)党首やオランダのウィルダース自由党党首、チェコのトミオ・オカムラ「自由と直接民主主義」党首ら、主要な極右指導者ら十人以上が顔をそろえ、親EU側をけん制。欧州統合の強化を提唱するマクロン仏大統領の名前が出るたびに、大ブーイングが湧き起こった。

 会場の大聖堂(ドゥオーモ)前には、「欧州中にわれわれの力を」「イタリア第一」と書かれたプラカードや旗を持つ支持者らが結集。登壇した各党代表者が「欧州を移民の波から守れ」と声を張り上げ、「伝統的な価値観や文化、国民を守る自分たちこそ真の欧州人だ」と主張した。

 ルペン氏が「欧州に無秩序な国際化の風が吹き荒れているのはEUの責任だ」と批判すると、会場から大歓声が上がった。最後に登壇したサルビーニ氏は「EUが呼び寄せる不法移民から欧州を解放する歴史的に重要な時だ」と宣言、議会の意思決定に影響力を持てるよう結集を呼びかけた。

 選挙後の新会派には、RNやドイツの右派「ドイツのための選択肢(AfD)」、フィンランドやデンマークなどの約十党が参加見込み。ハンガリーのオルバン首相も協力姿勢だが、ルペン氏との連携には難色を示している。また他のEU懐疑派にはサルビーニ氏と距離を取る党があり、どこまでまとまった勢力になるかは未知数だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報