東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

再国民投票 議会が判断 EU離脱 メイ首相が新提案

21日、ロンドンで記者会見するメイ英首相=AP・共同

写真

 【ロンドン=沢田千秋】メイ英首相は二十一日、欧州連合(EU)と交わした離脱協定の実施法案を英下院が支持した場合、再度の国民投票を行うか採決にかけるなどの新提案を発表した。国民投票に否定的だったメイ氏だが、協定案通過を目指し、苦肉の策を提示した形。審議後には、辞任の意向を示しており「離脱を実行する最後のチャンス」と強調した。

 六月から始まる離脱協定案の審議では、各段階で次の委員会審議に進むかどうかを問う採決が行われる。メイ氏は新提案の中で、国民投票を再び行うかを議会に問う条件として、この採決での協定案の可決を条件に挙げた。

 また、協定案に付属する政治宣言の内容を変更し、離脱後の労働者の権利保護や環境規制を「EU残留時より良くする」と提案。野党・労働党が求めるEUの関税同盟残留についても、採決によって議会の意向を確認する方針を示した。

 メイ氏は、これらの提案を盛り込んだ協定案を「新案」と、繰り返しアピール。「否決すれば離脱撤回か合意なき離脱しかない。今日の英国最大の問題は政治だ」として、議員に対し「私は妥協した。今度は、あなた方に妥協を求める」と呼び掛けた。

 しかし、これまで三度否決された協定案可決のめどは立たない。与党・保守党の強硬離脱派の筆頭で、メイ氏の後任へ立候補を表明しているジョンソン前外相は、再度の国民投票や関税同盟について「われわれのマニフェスト(政権公約)に全く反する。賛成しない」と、ツイッターで反発。英BBC放送によると、労働党のコービン党首は「これまで話し合った内容の焼き直しで、根本的な変化はない」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報