東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

バンクシー、水の都出没? 環境や景観破壊風刺

イタリア北部ベネチアに展示された絵。ソーシャルメディアの動画から=INSTAGRAM@BANKSY提供(ロイター・共同)

写真

 【ローマ=共同】正体不明の芸術家バンクシーを名乗る会員制交流サイトのアカウントに、イタリア北部ベネチアでコートを着た人物が絵を展示する様子を映した動画が公開された。この人物がバンクシー本人かどうかは不明。同地では現代美術の祭典「ビエンナーレ国際美術展」が開催中だが、投稿には「私は招待されていない」と皮肉めいたコメントも添えられた。

 映像では、この人物が九つの絵を組み合わせて一つの作品に見えるように路上に設置。ゴンドラに囲まれた大型客船が描かれている。観光客が押し寄せて環境や景観を壊している現状を風刺したとみられる。

 映像には、警官がこの人物に作品の撤去を求める様子も収められており、警察は地元メディアに撮影は今月九日に行われたと明らかにした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報