東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国、仲裁委同意せず 元徴用工問題 河野氏「G20が期限」

写真

 【パリ=共同】河野太郎外相は二十三日午後(日本時間同日夜)、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と訪問先のフランス・パリで会談した。日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟を巡り、日韓に第三国の委員を加えた仲裁委員会の開催に応じるよう要求。康氏は同意しなかった。日本政府筋が二十四日、明らかにした。両氏は応酬を繰り広げ、河野氏は、文在寅(ムンジェイン)大統領に解決策を提示する責任があると指摘した。日本が撤廃を求める八県産水産物の輸入禁止措置に関する協議も平行線に終わった。

 会談で康氏は仲裁委について「検討中」との立場を示すにとどめた。河野氏は会談後、六月下旬に大阪で開かれる二十カ国・地域(G20)首脳会合が解決策を示す期限になると記者団に表明した。両国関係の改善へ一定の成果を目指したが、局面打開はできなかった形だ。

 康氏は「被害者の苦痛と傷を癒やすため、共に努力する必要がある」と、日本側に取り組みを要請。河野氏は「個人の感情を優先するのではなく、国際法違反の状態が是正されなければならない」と反論した。

 韓国の李洛淵(イナギョン)首相が訴訟を巡る政府対応に限界があると発言したことに触れ「首相の上にいる文大統領が対応策を考えなければ、解決に結びつかない」と語った。韓国外務省報道官が二十三日に判決に基づく損害賠償の支払いを日本企業に求めた発言にも言及した。

韓国の康京和外相(右)と会談する河野外相(左)=23日、パリで(代表撮影・共同)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報