東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

欧州委員長の選任法見直し 第1会派から自動選出せず

28日、ブリュッセルで、握手を交わす欧州連合のトゥスク大統領(右)とフランスのマクロン大統領=ロイター・共同

写真

 【ブリュッセル=竹田佳彦】欧州議会選挙(二十三〜二十六日)を受けて欧州連合(EU)は二十八日、ブリュッセルで非公式首脳会議を開き、今秋で五年の任期が切れるユンケル欧州委員長の後任選びなどについて協議した。二〇一四年の前回欧州議会選では、第一会派が擁立する「筆頭候補」が選任されたが、今回は従来方法を見直し、筆頭候補が自動的に選ばれる方式を採らないことを確認した。

 今回の選挙では、今まで欧州議会をリードしてきた親EUの二大会派が議席を減らす一方で、右勢力や環境問題重視の「緑の党」が伸長し、多極化が進んだ。加盟国首脳らは、EUの意思決定がより困難になることを懸念。欧州委員長には、首脳らと欧州議会の双方から幅広い支持を得られる人選が必要との認識で一致した。具体的な候補者の名前には言及しなかった。

 会議では、気候変動対策やユーロ圏改革など今後五年間のEUの優先課題について意見を交換した。トゥスク大統領は会議後の記者会見で、筆頭候補に限らず「いかなる候補者も除外されない。可能な限り開かれて透明な手続きで進める」と述べた。近く欧州議会側とも協議を始める。

 六月下旬のEU首脳会議までに、欧州委員長に加えてEU大統領や欧州中央銀行(ECB)総裁の人事などでめどをつける。

 前回欧州議会選挙では、第一会派となった欧州人民党(EPP)が推すユンケル氏が欧州委員長に選ばれた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報