東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米「イランの攻撃」 イラン「根拠ない」 タンカー「革命防衛隊が機雷回収」映像

「国華産業」が運航するタンカーにイラン革命防衛隊の小型船が接近し不発の爆発物を取り除く様子だとして、13日、米軍が公表した映像=米軍提供(共同)

写真

 【ワシントン=金杉貴雄、カイロ=奥田哲平】イラン沖のホルムズ海峡近くで起きた日本などのタンカー二隻への攻撃について、トランプ米大統領は十四日、米メディアのインタビューに「イランがやった」と明言した。米中央軍は十三日、イランの精鋭軍事組織「革命防衛隊」のボートがタンカーに接近し、証拠隠滅のため不発の機雷を取り外しているとする録画映像を公開。イランは「根拠がない」と関与を否定した。

 トランプ氏は十四日のFOXニュースの番組で「映像がさらされている。彼らは証拠を残したくなかったのだ」と指摘した。また「ホルムズ海峡は封鎖されないだろうが、もしそうなったら、長く続かないだろう」と語り、事態が悪化すれば実力行使も辞さない考えを示唆した。

 ポンペオ米国務長官も「イランに責任があるというのが米政府の判断だ」と明言。イランの最高指導者ハメネイ師は安倍晋三首相に対米交渉を拒否する意向を示しており、緊張が高まるのは必至だ。

13日、イラン南部で、イランが救助したタンカーの乗組員らを写したとされる映像=イラン国営英語放送局プレスTVのウェブサイトから(共同)

写真

 映像では、東京都内の海運会社「国華産業」が運航するタンカー「KOKUKA COURAGEOUS」の船体から、吸着型の機雷が取り除かれた、と説明。米国は、同様の機雷が五月にアラブ首長国連邦(UAE)沖で起きたタンカー四隻への攻撃でも使われたと主張している。

 米国は、発生からわずか半日ほどでイランの関与を断言。会見したポンペオ氏は根拠として、機密情報のほか▽武器や攻撃の専門的レベル▽最近の似たような船舶への攻撃▽高度の能力を持つグループがこの地域にほかにいないこと−などを挙げた。ただ直接的証拠や具体的な関わり方については明らかにしなかった。

 イランのザリフ外相は「一片の事実や証拠もなく、米政権はすぐにイラン関与の主張に飛び付いた」と非難した。イラン国営テレビは、攻撃を受けたもう一隻の、台湾石油大手「台湾中油」のタンカー乗組員が、イラン側の救助活動に感謝する映像を流し、人命救助への貢献をアピールした。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報