東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

タンカー攻撃 米「イラン関与」新証拠 カラー写真 不発弾除去跡など

米国防総省が公表した、イラン革命防衛隊がタンカー「KOKUKACOURAGEOUS」から不発弾を取り除く様子を写したとする写真

写真

 【ワシントン=金杉貴雄】米国防総省は十七日、ホルムズ海峡近くで起きた日本などのタンカーへの攻撃に関し、イランの関与を示すための新たな証拠写真を公表した。吸着型爆発物の不発弾が取り除かれた後とされる残存物などが写っており、十三日に公表した映像を補強する内容。

 ただ、いずれもイラン側が攻撃に関わったとの直接の証拠ではない。イランはこれまで関与を全面的に否定している。

 国防総省が公表した写真はいずれもカラー。不発弾が取り除かれた後の金属製の残存物や不発弾の回収に当たった革命防衛隊約十人が小型船に乗っている姿、取り除く際についた手形、船体に開いた穴などと説明している。米側は、タンカーが攻撃された後、イラン革命防衛隊が不発弾を取り除き、関与の証拠を隠滅したと主張している。

 米軍は十三日にも映像を公開していたが不鮮明で、説明に懐疑的な見方も出ていたため、カラー写真で補強した形。タンカー攻撃の連絡を受けた後の付近の海域状況について細かく説明する資料も発表した。

 タンカーを運航する日本の海運会社側は、攻撃に関し「乗組員は飛来物でやられたと言っている」と説明している。

 シャナハン国防長官代行は、十七日の声明で中東地域に新たに米軍約千人を増派すると発表。「イランとの対立は求めていない」とする一方、タンカーへの攻撃を「地域の米軍とその利益を脅かしている」と非難した。トランプ政権は先月も千五百人を追加派遣することを決めている。

爆破の痕跡を写したとする写真=いずれも同省提供(共同)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報