東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

党首選2回目投票 ジョンソン氏圧勝 英与党・保守党

17日、ロンドンの英議会に到着したジョンソン前外相=ロイター・共同

写真

 【ロンドン=沢田千秋】英国の次期首相を決める与党・保守党党首選の第二回投票が十八日に行われ、ジョンソン前外相が第一回に続き、圧勝した。全国の保守党員による決選投票に進むのはほぼ確実視される中、二番手以下の候補の得票数は僅差。十九日以降の投票の結果、誰がジョンソン氏の対抗馬となるか注目される。

 下院議員三百十三人による投票で、ジョンソン氏は全体の四割にあたる百二十六票を獲得した。ハント外相が四十六票で続き、以下はゴーブ環境相四十一票、スチュワート国際開発相三十七票、ジャビド内相三十三票。規定の三十三票に達しなかったラーブ前欧州連合(EU)離脱担当相は脱落した。

 十九、二十日に行われる計三回の投票で、最少得票者が一人ずつ脱落し、決選投票に進む二候補が決定する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報