東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

サミット首脳宣言 仏大統領、パリ協定に言及ないなら署名拒否も

 フランスのマクロン大統領は二十六日、東京都内のフランス大使館で演説し、二十八、二十九日に大阪市で開かれるG20サミットの首脳宣言について「(地球温暖化対策の新枠組み)パリ協定について触れず、野心的な目標を擁護できないなら」署名しない可能性を表明した。

 マクロン氏はこの点について「レッドライン(越えてはならない一線)」と言及。大統領府当局者は記者団に、昨年や一昨年の首脳宣言に盛り込まれた内容より後退することは「受け入れられない」と説明した。昨年の首脳宣言は「署名国はパリ協定が不可逆的であることを再確認し、完全な実施を約束する」としたが、今回の宣言原案にはこうした表現は含まれていない。協定からの離脱を表明した米国を孤立させないように配慮した可能性がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報