東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「日本は米助けない」 安保条約 トランプ氏がTVで不満

 【ワシントン=岩田仲弘】トランプ米大統領は二十六日午前(日本時間二十六日夜)、保守系FOXビジネステレビのニュース番組の電話インタビューで、「もし日本が攻撃されたら、米国はすべてを犠牲にして戦うが、われわれが攻撃されても日本は助ける必要がない」と述べ、日米安全保障条約に基づく防衛義務は米国にとって不公平だとの考えを示した。

 トランプ氏は「総論」として、「ほとんどすべての国々は米国を巧みに利用している。信じられないことだ」と強調した。

 その上で、日本との関係で安保条約に触れ「日本が攻撃されたら、米国は命をかけて第三次世界大戦を戦う」と指摘。一方、米国が攻撃された場合は「日本は戦う必要はなく、ソニー製のテレビでそれを見ていられる」と、不満を述べた。 

 トランプ氏はその後、北大西洋条約機構(NATO)についても、ドイツを名指しし、防衛費負担が不釣り合いだと不満を示した。

 米ブルームバーグ通信は二十四日、トランプ氏が私的な会話で、日米安保条約は「一方的すぎる」として破棄に言及していたと報じていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報