東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

香港デモ 警官隊と衝突 逃亡犯条例 改正案撤回求め

1日、香港で、香港返還22年を迎え、中国国旗の掲揚式典が行われる会場周辺で衝突するデモ隊(左)と警官隊=共同

写真

 【香港=浅井正智】香港の中国返還二十二年に当たる一日、香港から中国本土へ犯罪容疑者の移送を可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めるデモ隊が、立法会(議会)周辺の幹線道路で警戒に当たる警官隊ともみ合いになり、一部で警官隊は催涙スプレーを使用した。

 デモ隊は同日午前四時すぎから、幹線道路に障害物を置くなどして占拠を開始。これに対し、警官隊が午前七時半ごろから排除に乗り出した。警官数百人が警棒と盾でデモ隊を追い払うとともに、催涙スプレーを噴射。デモ隊は傘を広げて抵抗した。

 香港中心部では同日朝、政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官らが出席して、返還二十二年の記念式典が行われた。林鄭氏は条例改正の手続きを巡り、「市民と政府の間に矛盾と紛争をもたらしてしまった。これを教訓とし、施政スタイルを変えていく」と述べ、市民に理解を求めた。

 同日午後には民主派団体が主催する毎年恒例のデモが行われる。条例改正に反対するデモは、先月九日に百三万人、十六日には約二百万人(いずれも主催者発表)が参加。今回のデモも大規模になると予想される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報