東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝首脳が「歴史的対面」 北朝鮮報道「驚くべき出来事」

板門店での米朝首脳会談を1面で報じる1日付の北朝鮮の労働新聞=コリアメディア提供・共同

写真

 【北京=城内康伸】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は一日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が六月三十日、トランプ米大統領の「提案に基づいて」、南北軍事境界線の板門店(パンムンジョム)で「歴史的な対面」を行ったと報じた。「世紀的な出会いを実現した両国首脳の大勇断は、根深い敵対国家として反目してきた両国間に前例のない信頼を創造した驚くべき出来事」と評価した。

 同通信は、両首脳が会談した事実を伝え、「今後も緊密に連携し、朝鮮半島の非核化と朝米関係で新たな突破口を開いていくための生産的な対話を再開し、積極的に推進していくことで合意した」と説明した。

 また、両首脳が「朝鮮半島の緊張緩和と朝米間の芳しくない関係を劇的に転換していくための方法や、問題解決において障害となる互いの憂慮と関心事について説明し、全面的な理解と共感を示した」と報道。両首脳が会談結果に「大きな満足の意」を表明したとした。

 トランプ氏が板門店の北朝鮮側地域に入ったことも紹介。「米国の現職大統領が史上初めて軍事境界線を越えて、わが国の領土を踏むという歴史的な瞬間が記録された」とその意義を強調した。

 一日付の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は記事と合わせ、計三十五枚の写真を掲載した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報