東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

英、イランタンカー拿捕 制裁違反 シリアへ原油輸送疑い

 【ロンドン=藤沢有哉、イスタンブール=奥田哲平】イベリア半島南端に位置する英領ジブラルタル自治政府は四日、欧州連合(EU)の制裁に違反し、シリアへ原油を輸送しようとした疑いがある大型タンカーを拿捕(だほ)した。原油は、米国の経済制裁で輸出が滞るイラン産で、イランは英国に抗議。核合意の順守を巡るイランと欧米の緊張がさらに高まることは必至だ。

 自治政府は英海兵隊と共に同日早朝、ジブラルタル沖でタンカーを拿捕。「EUの制裁対象の組織が所有するシリアの製油所に、原油を運ぼうとしていたと信じる理由がある」と発表した。

 米ブルームバーグ通信によると、航路データなどから、タンカーは四月にイランで原油を積み、アフリカの南端を回って地中海へ向かった。スエズ運河を経由する場合よりも距離が三倍以上になるが、タンカーは大型で、運河を横断できないという。

 イラン外務省は同日、駐イラン英大使を呼び出し「違法で容認できない。欧州は石油禁輸に反対していたはずだ」などと抗議した。英ロイター通信は、ジブラルタルの領有権を英国と争うスペイン政府の見解として「米国から英国への要請で拿捕が行われた」と伝えた。

 内戦下のシリアは石油産出が激減し、欧米の制裁で燃料不足が深刻化。これまでも、シリアに向けてイランが原油を輸送し、シリアの購入代金がイランの精鋭軍事組織「革命防衛隊」に流れているなどと米国が問題視していた。

 イランは五月、核合意を離脱した米国による経済制裁への対抗措置として、履行義務の一部停止を表明。合意に残る英仏独などに十分な経済支援策が示されなければ、今月七日にウラン濃縮を再開すると警告している。欧州側は「合意の順守」を求めるが、今回の拿捕でイランがさらに硬化するとみられる。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報