東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

イラン、ウラン濃縮再開へ きょうにも 核合意一部破棄

 【テヘラン=奥田哲平】イランは七日にも、二〇一五年の核合意で定めたウラン濃縮度の規制を破り、制限超過の濃縮活動を再開する。ロウハニ大統領は「必要なだけ高める」として、核合意維持の条件に欧州に求めていた経済支援策の具体化を急がせる狙い。AP通信は六日、イラン政府高官の話として、濃縮度は5%程度になる見通しだと伝えた。

 核合意で3・67%以下と制限されたウラン濃縮度が上がれば、核兵器に転用可能な高濃縮ウラン獲得までの期間が短縮される。まずは5%と超過幅を抑制し、原発燃料並みの濃縮にとどめることで欧州側の対応を見極める狙いがあるとみられる。ただ、トランプ米大統領は「後で痛い目に遭う」と反発しており、対立を一段と深刻化させかねない。

 一方、ロウハニ師は「ほかの当事国が100%合意を履行すれば、イランも100%順守する。一時間以内に元の状態に戻せる」と強調。核合意の見返りとして約束された経済的利益の確保を訴える。

 イランは五月に米経済制裁への対抗措置として、履行義務の一部停止を表明し、第一弾として一日に低濃縮ウラン貯蔵量上限(三百キロ)を超過。六十日後の七日までに有効な支援策が提示できなければ、ウラン濃縮を再開すると警告していた。ただ、イランが要求する原油輸入の再開に欧州が応じる可能性は低い。

 こうしたイランの義務放棄が合意違反と判断されれば国連制裁が復活する可能性があり、国際社会から厳しい立場に追い込まれる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報